ナディア・ブーランジェ

ナディア・ブーランジェ

ナディア・ブーランジェに対するみんなの反応

RT @Ina_fantasie: (承前)「あなたは既に一流のガーシュウィンなのだから二流のラヴェルになる必要はない」とナディア・ブーランジェを紹介されるも「ガーシュウィンには生まれながらの音楽的才能があり、その邪魔をしたくない」と断られたとか。やはりラプソディー・イン・ブル…
2020年09月26日 12:42:11更新

(承前)「あなたは既に一流のガーシュウィンなのだから二流のラヴェルになる必要はない」とナディア・ブーランジェを紹介されるも「ガーシュウィンには生まれながらの音楽的才能があり、その邪魔をしたくない」と断られたとか。やはりラプソディー… https://t.co/1Zq4aPihVg
2020年09月26日 12:40:34更新

6歳で作曲を始め、1922年の最初の出版作品は、ナディア・ブーランジェの注目を集める。 当時彼女は、楽譜出版社のための仕事をしており、ブーランジェはフランセに音楽活動を薦めた。 フランセ自身はしばしば自作を演奏して、公衆の注目を集めた。
2020年09月25日 06:58:54更新

大澤壽人、ポール・デュカスとかナディア・ブーランジェに師事してたのか……なるほどなぁ
2020年09月24日 19:28:04更新

RT @Ina_fantasie: 9/22はヘンリク・シェリングの誕生日。1918年ポーランド生まれ。母親の手ほどきでヴァイオリンを始め、のちにベルリンに留学してカール・フレッシュに師事。その後、パリ音楽院でジャック・ティボーに師事し1937年に首席で卒業。パリでナディア・ブ…
2020年09月22日 12:37:48更新

RT @Ina_fantasie: 9/22はヘンリク・シェリングの誕生日。1918年ポーランド生まれ。母親の手ほどきでヴァイオリンを始め、のちにベルリンに留学してカール・フレッシュに師事。その後、パリ音楽院でジャック・ティボーに師事し1937年に首席で卒業。パリでナディア・ブ…
2020年09月22日 08:39:10更新

@Ina_fantasie ヘンリク・シェリングもまたナディア・ブーランジェの門下だと知って改めて驚きました。 20世期の音楽にナディア・ブーランジェの存在はあまりに巨大な影響を与えている印象を受けます。
2020年09月22日 08:35:46更新

9/22はヘンリク・シェリングの誕生日。1918年ポーランド生まれ。母親の手ほどきでヴァイオリンを始め、のちにベルリンに留学してカール・フレッシュに師事。その後、パリ音楽院でジャック・ティボーに師事し1937年に首席で卒業。パリでナディア・ブーランジェに作曲を師事(続く)
2020年09月22日 08:18:30更新

ベルリンに留学して、1929-32年カール・フレッシュにヴァイオリンを師事。 その後、パリ音楽院に入学、ジャック・ティボーに師事し1937年に同校を首席で卒業する。 尚、1933年にブラームスの協奏曲を演奏してソリストとしてデビュ… https://t.co/CCe30bGlNQ
2020年09月22日 07:55:46更新

何をやるにも絶対に必要なもの、それは何をやるか選んで、それを愛し、夢中で取り組むことです ~ ナディア・ブーランジェ
2020年09月18日 16:28:35更新

RT @ainowuye: タンゴに限界を感じていたピアソラは、クラッシックの作曲家を目指し、パリでナディア・ブーランジェに師事した。そこでピアソラが作曲した楽譜を彼女に見せたところ、「ここのどこにあなたがいるの?」と言われ、タンゴ革命の可能性を目覚めたという話が好き。
2020年09月18日 09:51:19更新

タンゴに限界を感じていたピアソラは、クラッシックの作曲家を目指し、パリでナディア・ブーランジェに師事した。そこでピアソラが作曲した楽譜を彼女に見せたところ、「ここのどこにあなたがいるの?」と言われ、タンゴ革命の可能性を目覚めたという話が好き。
2020年09月18日 09:37:06更新

ナディア・ブーランジェの関連商品