内田祥三

内田祥三

内田祥三

誕生日:1885年 2月23日

職業:
有名度:
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (投票可)
読み込み中...

内田祥三に対するみんなの反応

RT @atoreides: にしても『ゴジラ』にも登場の内田ゴシック設計者内田祥三の孫、佐賀県立博物館設計のモダニスト内田祥哉の子息で、藤森照信の建築共同設計者である内田祥士の〈電柱論〉とは気になる処で! 庵野や新海作の電柱景観も思い起こされて、建築-特撮-アニメに跨ったシン…
2021年05月12日 22:39:32更新

RT @atoreides: にしても『ゴジラ』にも登場の内田ゴシック設計者内田祥三の孫、佐賀県立博物館設計のモダニスト内田祥哉の子息で、藤森照信の建築共同設計者である内田祥士の〈電柱論〉とは気になる処で! 庵野や新海作の電柱景観も思い起こされて、建築-特撮-アニメに跨ったシン…
2021年05月12日 22:38:32更新

RT @birakenn: 戦後すぐの駒場の航空写真が出てきたのでツイート 統合される前の駒場駅と東大前駅から正門に向かって斜めに道が延びているのがわかります 多くの建物が建て代えられる中で、内田祥三の手掛けた一号館や101号館などは現在とほとんど変わっていません https:…
2021年05月12日 16:17:48更新

RT @birakenn: 戦後すぐの駒場の航空写真が出てきたのでツイート 統合される前の駒場駅と東大前駅から正門に向かって斜めに道が延びているのがわかります 多くの建物が建て代えられる中で、内田祥三の手掛けた一号館や101号館などは現在とほとんど変わっていません https:…
2021年05月12日 15:41:02更新

RT @atoreides: にしても『ゴジラ』にも登場の内田ゴシック設計者内田祥三の孫、佐賀県立博物館設計のモダニスト内田祥哉の子息で、藤森照信の建築共同設計者である内田祥士の〈電柱論〉とは気になる処で! 庵野や新海作の電柱景観も思い起こされて、建築-特撮-アニメに跨ったシン…
2021年05月12日 05:52:00更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月12日 03:14:30更新

RT @ssksss7: 成城駅の北側で見つけたこの洋館は昭和2年の築。設計者の「中村寛」で検索すると、「内務省」「内田祥三」「同潤会」といったフレーズがヒットしました。 http://t.co/Rgzvixw8se
2021年05月11日 23:46:50更新

RT @ssksss7: 成城駅の北側で見つけたこの洋館は昭和2年の築。設計者の「中村寛」で検索すると、「内務省」「内田祥三」「同潤会」といったフレーズがヒットしました。 http://t.co/Rgzvixw8se
2021年05月11日 23:01:13更新

RT @ssksss7: 成城駅の北側で見つけたこの洋館は昭和2年の築。設計者の「中村寛」で検索すると、「内務省」「内田祥三」「同潤会」といったフレーズがヒットしました。 http://t.co/Rgzvixw8se
2021年05月11日 22:59:41更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 22:28:30更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 21:20:37更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 17:37:27更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 14:04:20更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 13:06:37更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 11:34:00更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 10:03:52更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 07:26:38更新

RT @fujisawa_uruu: 東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモニュメント…
2021年05月11日 00:35:27更新

東京大学地震研究所の近くの門の脇に不思議なモニュメントがある。これは1928年に建てられた地震研究所本館の一部なのだという。この建物は内田祥三の設計で現在の化学西館の位置にあった。1981年に建物が解体されるときに一部が保存されモ… https://t.co/r6LNqMDnup
2021年05月11日 00:25:06更新

RT @atoreides: にしても『ゴジラ』にも登場の内田ゴシック設計者内田祥三の孫、佐賀県立博物館設計のモダニスト内田祥哉の子息で、藤森照信の建築共同設計者である内田祥士の〈電柱論〉とは気になる処で! 庵野や新海作の電柱景観も思い起こされて、建築-特撮-アニメに跨ったシン…
2021年05月10日 23:48:09更新

RT @atoreides: にしても『ゴジラ』にも登場の内田ゴシック設計者内田祥三の孫、佐賀県立博物館設計のモダニスト内田祥哉の子息で、藤森照信の建築共同設計者である内田祥士の〈電柱論〉とは気になる処で! 庵野や新海作の電柱景観も思い起こされて、建築-特撮-アニメに跨ったシン…
2021年05月10日 21:04:47更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月10日 21:03:01更新

RT @NAVY_ICHIHO: 旧国立公衆衛生院のエントランス部分だけで、何時間でもいられるほど。東京帝国大学の安田講堂などを手掛けた内田祥三氏が設計し、1938年に竣工しました。これが一般開放されているんです。 #近代建築 https://t.co/1kKv1ySsnQ
2021年05月10日 21:02:57更新

RT @birakenn: 戦後すぐの駒場の航空写真が出てきたのでツイート 統合される前の駒場駅と東大前駅から正門に向かって斜めに道が延びているのがわかります 多くの建物が建て代えられる中で、内田祥三の手掛けた一号館や101号館などは現在とほとんど変わっていません https:…
2021年05月10日 21:01:21更新

にしても『ゴジラ』にも登場の内田ゴシック設計者内田祥三の孫、佐賀県立博物館設計のモダニスト内田祥哉の子息で、藤森照信の建築共同設計者である内田祥士の〈電柱論〉とは気になる処で! 庵野や新海作の電柱景観も思い起こされて、建築-特撮-… https://t.co/YOtvjhTHaD
2021年05月10日 20:42:49更新

戦後すぐの駒場の航空写真が出てきたのでツイート 統合される前の駒場駅と東大前駅から正門に向かって斜めに道が延びているのがわかります 多くの建物が建て代えられる中で、内田祥三の手掛けた一号館や101号館などは現在とほとんど変わってい… https://t.co/sWK7r3ygYC
2021年05月10日 19:15:12更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月10日 12:56:39更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月09日 23:35:51更新

RT @NAVY_ICHIHO: 旧国立公衆衛生院のエントランス部分だけで、何時間でもいられるほど。東京帝国大学の安田講堂などを手掛けた内田祥三氏が設計し、1938年に竣工しました。これが一般開放されているんです。 #近代建築 https://t.co/1kKv1ySsnQ
2021年05月09日 23:33:38更新

内田ゴシックの内田祥三のご子息なんだな。 内田祥哉さん死去:朝日新聞デジタル https://t.co/0UmeawRkTF
2021年05月08日 23:56:33更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 22:45:04更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 22:17:09更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 22:15:20更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 21:31:25更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 20:04:30更新

@naohikohino 勿論、内田祥三氏も含めて第一部からも地続きな話ですよね。昔の有名な建築家って政治家と官僚をあわせたような存在だったのでは?と常々思っていたので第一部からの流れはとてもしっくりくるものでした。 ありがとうございます、お世辞ではなく再読しようと思います。
2021年05月08日 19:25:22更新

2021 0420- 病院 0502 0503 0504 0505 0506-0507 通夜 葬儀 1925 0502 - 東京大学大学院 工学部建築学科 名誉教授 日本建築学会会長 uchida yoshichika ut… https://t.co/X3hry3NJTx
2021年05月08日 14:01:49更新

900番講堂は、内田祥三(うちだよしかず)の内田ゴシックです。(駒場の図書館とかも、だったと思う。)
2021年05月08日 13:10:04更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 12:54:38更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 12:52:06更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 12:50:11更新

RT @take_housing: 内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会1969)…
2021年05月08日 12:42:25更新

内田祥哉先生も提案図面の作図をサポートされたという実兄・内田祥文渾身(そして最期)のコンペ案「帝都復興計画・新宿地区(暗号・晴)」。東京都商工経済会主催帝都復興計画図案懸賞募集で一等当選。 (『内田祥三先生作品集』鹿島研究所出版会… https://t.co/Vq4tEHUtes
2021年05月08日 12:24:45更新

RT @xqNTccrCX6n0pMV: RT・Y・特攻基地になった東大臨海実験所、解体の危機 旧東京帝大総長を務めた名建築家、内田祥三が設計に携わった「東京大学臨海実験所」(神奈川県三浦市)の旧本館と水族室標本展示室が解体される見通し~歴史的、文化的にも貴重な戦争遺構なので保…
2021年05月06日 20:43:34更新

も少し調べてみたら、内田祥三の建築のよう。もう取り壊されてしまっているのかな。どうだろう。
2021年05月06日 17:06:57更新

RT・Y・特攻基地になった東大臨海実験所、解体の危機 旧東京帝大総長を務めた名建築家、内田祥三が設計に携わった「東京大学臨海実験所」(神奈川県三浦市)の旧本館と水族室標本展示室が解体される見通し~歴史的、文化的にも貴重な戦争遺構な… https://t.co/VwQPoJJTxH
2021年05月06日 12:40:35更新

わぁい内田祥三 あかり内田祥三大好き
2021年05月06日 06:30:37更新

内田祥三の関連商品